日本の伝統技術が生きる、滋賀の注文住宅

subpage1

日本の伝統文化が見直される中、滋賀の注文住宅でも、伝統的な建築技術が見直されてきています。

2×4工法や、軽量鉄骨プレハブ工法など、外来の技術や新たに開発された技術で建てられる住宅もあります。

しかし、主に大手住宅メーカーで建てられる工法は、耐久性が高くないことが指摘されています。
湿気の多い日本の風土では、伝統的な木造軸組み工法が見直されています。
木材を繊維方向に縦に使う柱は、住宅の荷重を支えるのに適しています。奈良の法隆寺に見られるように、太い部材でつくられた柱は、千年を超える耐久性があります。



滋賀で注文住宅を建てる場合は、木造在来工法が選択肢となります。木造在来工法の伝統を継承しているのが工務店です。


滋賀には、伝統工法を用いて注文住宅を建てる工務店が多く存在します。

滋賀の工務店は京都方面の伝統建築も手がけ、高い技術力があります。
注文住宅を建てる場合は、滋賀の工務店が持つ高い技術を使い、耐久性の高い住宅を建てることが求められます。



住宅は一代限りのものではありません。



何代にもわたって暮らし続けるためには、住宅の耐久性は大切です。

長持ちする住宅に使う技術は、歴史の試練を経たものである必要があります。
日本の伝統工法は、幾度もの地震の洗礼を受け、工夫を積み重ねてできたものです。
柱を幾重もの横材で組み合わせ、剛性を高める工法には普遍性があります。

日本の伝統工法は、工務店の大工により引き継がれています。